犬の病気

うちの犬の病気

 

毎日水をがぶ飲みするようになっておかしいと思ってました。

 

こんな毎日水を飲む子じゃなかったの・・・

 

それに、下痢もしている、変だと思って色々調べたら、

 

糖尿病かもしれないというのが書いてあって、病院に連れていって検査してもらいました。

 

 

予想は的中。

 

 

犬の糖尿病性ケトアシドーシスと診断されました。

 

 

このままでは命にかかわると言われ、即効性タイプのインスリンを注射してもらいました。

 

 

ご飯も与えすぎていたんでしょう。

 

私も反省しました。

 

食べたがるとつい人間の食べ物を与えてしまって。

 

血糖値が600もあり私もびっくりしました。

 

このままではいけないと思いました。

 

フードもどんなものを与えればいいのか相談しました。

 

それから、毎日、糖尿病患者のピーちゃんのために、インスリンを毎朝晩打っています。

 

最近は血糖値も250くらいまでに安定しましたが、最初は死んでしまうんじゃないかと不安でいっぱいでした。

 

現在10歳のパグちゃんのピー。元気になって良かった。

 

毎日朝晩のインスリン注射は大変だしかわいそうです。

 

こうならないように予防出来ていれば良かったんですが。

 

でも糖尿病は遺伝性もあるようなので仕方ないのかもしれません。

 

とりあえず元気になって良かった!
ハートガード

 

 

 

 

 

犬のしぐさで病気がわかる

 

うちは昔から犬を飼ってます。
もう子犬の時からやんちゃで犬のしつけ教室とか散々いきましたよ(笑)

 

でもね、
犬に病気はつき物です。

 

雑種だからと言って、強いと思っても何らかの病気になることが多かったです。

 

血統書付の犬はやはり、病気が多かったように思います。

 

うちは、オスノパグを現在飼っています。

 

7歳のオス犬です。

 

やんちゃで元気なうちの犬。

 

でも急に、大好きなご飯を食べなくなったり、食欲が落ちた時は要注意。

 

普段ではありえないからです。

 

なかでも急性型レプトスピラ症にかかった時はご飯を食べたがらず、ビックリしました。

 

すぐ、病院に連れて行ったのですが、粘液のような物質を嘔吐していて、この症状は

 

急性型レプトスピラ症かもしれないと言われた時はびっくりしました。

 

抗生物質が出され、あとは脱水症状がひどいということで、点滴を打ってもらいました。

 

ウィルスの含まれた糞や尿をなめて感染したのではないかと先生に言われました。

 

お散歩の時に感染したんだと思います。

 

ショック。

 

すぐ、病院に行ったお陰で、なんとか元気になりました。

 

 

急に元気がなくなる姿を見た時は、死んでしまうのではないかと心配しましたよ。

 

発見が遅かったら、間違いなく命が危なかったと思います。

 

死んだら、大きなショックです。

 

家族の一員ですからね。

 

ペットは、大切な私達家族の存在。

 

犬のしつけ DVD

 

 

 

 

ワンちゃん、皮膚炎

 

 

 

かゆい皮膚炎。

 

私もそうです。

 

皮膚炎、湿疹、洗剤かぶれ、あとじんましん、これは遺伝性かな。親も子供も受け継がれている・・・

 

皮膚炎は人間でもよくあります。

 

それに中々治りません。時間がかかる。

 

治療も様子を見ながらきながに治して行きましょうって感じ。

 

薬もこれが効かないから、変えて見ましょうと行ったことをやっていて数年かかったり、ずーっとだったり。

 

これはただの私の体験談ですので。

 

でもワンちゃんの皮膚炎も人間と同じ共通点があるように思います。

 

病院でステロイドの塗る薬をもらって、塗ってみると確かに効きますが、長期間は使えません。

 

それにステロイドはあまりいいイメージではないですよね。

 

なんだか癖になってしまうような。

 

でもかゆいのって誰でもガマンできませんよね〜

 

犬だって同じだと思います。

 

 

知り合いのワンちゃんは皮膚の調子が悪くなり、病院に行ったら、

 

体にも触れずに、軟膏出しておきますねーと言われたそうです。

 

薬を塗っても一向に良くならず、病院を変えたら、カビの病気だったそうです。
今ではマラセチアシャンプーなんかで対応してますが、
病院選びはしっかりと信頼できる獣医さんを見つけなくてはいけません。

 

評判のいい獣医さんの話、ちゃんとふだんから口コミで聞いておかないとね。

 

 

 

 

 

犬の心臓病のリスク

 

 

 

心筋症ですね

 

獣医さんに言われました。

 

14歳の女の子。犬の話なんですが、

 

もう老犬かもしれません。

 

 

だから、病気もついて来るのです。
最初はフィラリアの症状に似ていたのでフロントライン通販で購入しようと思ったのですが、獣医さんに診てもらうと違ったようです。

 

心筋症とは心臓を動かして心臓を構成している筋肉が心筋に異常が起こすのだそうです。

 

治療には様々あるようですが、うちの場合、食事療法と運動を行ないました。

 

運動は心臓に過度の負担がかからないようにしないといけません。

 

 

これって私の旦那も同じ。

 

うちの旦那、ストレスで過食気味になってしまい大変でした。

 

体は重そう。だって、急に10kgは増えたんだと思います。

 

1年前は本当に痩せて健康でした。

 

そうしたら健康診断で引っかかりましたよ。

 

過度の体重増加は、心臓病、糖尿病のリスクが高いと言われました。

 

他にもたくさんの関連病気があるそうで、気をつけないと。

 

家族のためにもね。

 

 

 

うちの犬も獣医さんに同じセリフ言われました。

 

飼い主に似るってこの事ですね。

 

笑ってしましました。

 

旦那に、毎日、犬の散歩係りやってもらえば一石二鳥ですね。

 

どっちも痩せてくれるから1番いい。

 

心臓病、糖尿病になったら大変ですよね。

 

早く痩せて欲しいな!

 

そうすれば、どっちも、痩せて見栄えも良くなるとなんて簡単に考えて見ましたが、

 

飼い主は毎日散歩はきついから嫌だと言ってます。

 

 

 

犬の病気と保険

うちの息子が犬アレルギーだって知ったのは、意外と最近のことでした。

 

実家の犬がなめた跡がぶわーっと腫れて、
赤いプツプツができて、
かゆいって言い出したので、

 

もしかして〜?

 

と思って小児科に連れて行きました。

 

かわいそうですが、血液検査をしてもらうために採血して、
犬中心にアレルギー検査。

 

すると案の定出ましたよ、犬アレルギー。
かわいそうに、と思いましたが、出てしまったものは仕方ないってことで、
とりあえず本人には「舐められるとかゆくなると」と伝え、
当のワンちゃんにも、「舐めちゃダメ」と怖い顔で制止してなんとか躾…
って私が飼い主でもないのでできるわけもなく、

 

どうやったら犬になめちゃダメって伝えられるんだろう。
ワンちゃんのほうは愛情表現なんだもんね。
うちの息子のことが大好きなんだもんね。

 

犬は女の子なので、
まるで母親のように息子に接しているのがわかります。
何かあって息子がなくと、飛んできて周りで心配してうろうろ。
動物があんまり得意じゃない私でも、かわいいなと思ってしまいそうになるほど。

 

ところで、
動物に特別愛着を持たない私ですが、
犬を何と呼んだらいいのか、いつも迷います。
ワンちゃん?犬?

 

飼い主からしてみると、「犬」ってよばれると嫌なんだろうか。
でも買い続けると医療費が大変。
そろそろ犬の保険とか入らないとなって考えています。